書籍

なんしょんな!!香川・PARTT
なんしょんな!!香川・PARTT
「行政の役割」水は誰のものか/人の渡らぬ橋、車の走らぬ道/広い家 他
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTU
なんしょんな!!香川・PARTU
「高齢者対策の処方箋」
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTV
なんしょんな!!香川・PARTV
「教育の危機」学校教育の危機/崩壊する家庭教育/的外れの企業内教育
1,200円+税
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
「Q&A」行政の役割/水問題/交通問題/時事
800円(税込み)
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
この本は、都村長生氏の政経塾「長生塾」とそのホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです
800円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
この本は、当ホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2003年5月〜2007年3月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2007年5月〜2008年12月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税

POST長生塾スタートのお知らせ

なんしょんな Q&A詳細

  • 【20】 高松の商店街の活性化(2)担当者からの反論への回答() (商店街開発担当者より)
    <意見>

     私は高松市の商店街の再開発の担当を致している者です。貴方がインターネットに掲載しておられる、商店街の再開発への質問に対する回答を拝見させて頂きました。マスメディアにも継続的に登場され、優秀なコンサルタントであり、コメンテーターとしても、社会的にも影響力の高い貴方が、私達の再開発を大いなる税金の無駄遣いと一刀両断に切り捨てている回答は納税者の一人としては小気味良く、読ませて頂きました。

    そもそも私達の計画は民間発案型であり、行政が言う近代化の終了した商店街に関しては、新たなる開発の必要性はないとの行政の判断により否認された開発計画であります。この為、計画当初から行政の協力が得られず苦労を致しましたが、11年の年月が経過し、行政側の協力体制もようやく整い始め、やっと軌道に乗り始めた現在においても、計画の既成事実化を危惧する行政の指示により、都市計画決定が承認されるまでは計画の詳細をマスコミに発表する事を差し控えておりますので、貴方だけでなく殆どの市民の方々が私達の計画の内容をご存じないのは仕方の無い事であり、誤解を受けても仕方の無い事であると思っております。

    貴方の再開発事業の問題点や、会社や商店街の盛衰に対する意見に関しては、全てとは申しませんが、ほぼ同感でございます。しかしながら、大企業の経営者や社員のすべてが意欲的であり優秀で、商店街を構成する中小企業の経営者や社員のすべてが無気力で無能であるかのような表現に関しては同意致しかねます。

    私達の仲間の中には、ご指摘通りやる気の無い人達も沢山おりますが、お客様の事や商いの事を大企業のサラリーマン以上に大切に真剣に考えている人達もいれば、今は零細であってもこれから成長する可能性を持ち努力している人達や、企業規模は成長し続ける事だけが正義ではなく商いは自己の存在表現であると考えて、特色のある店作りを必死に目指している人達だって、沢山おられます。

    貴方が現時点で勝組と思っておられる夢タウンやサティは本当に理想的な商業空間あり、快適な生活空間でしょうか?銀行のバックアップのもとに圧倒的な資金力と規模のパワーによってシェアを拡大し続けてきた彼等GSの企業力や開発力が意外と高くない事や、流通先進国である米国においても彼等のようなGSがどのような道を辿っているのかは貴方の方が良くご存知のはずでしょう。日本のGSが10年後、15年後にも勝組である保証は何もありません。

    本当は高松の郊外SC程度では、むしろ負組になっている可能性の方が高いと思われているのではありませんか?
    本当に貴方は商店街こそが消滅すべきであり、郊外型のSCこそが残るべきであると考えておられるのでしょうか?
    本当に日本中の地方都市がそうなってしまったら、淋しいとは思いませんか?
    貴方は本当に夢タウンに行っていますか?
    夢タウンに行って、本当に満足されていますか?
    郊外のスーパーしか生き残らなかった都市なんて楽しい都市だと思います?

    私達は郊外SCの利便性や存在意義を否定する訳ではありませんが、消費はそれほど単一的なのもではないと思っております。貴方のご指摘通り、個々の店の意識改革無しに私達が存続し続ける事が不可能である事は間違いありません。しかし、商店街を構成する全ての店がそのレベルに達するのは不可能です。生き残れるレベルに達する事が出来なかった店や競争に勝てなかった店、継続する意欲を失った店は、当然リタイアせざるを得ないのです。そして、その空いたスペースに新しい仲間が店を出す。この店の新陳代謝によって、私達の商店街は長きに渡り、香川の小売業の中心地としての地位を保ち続けてきました。

    しかしながら、この新陳代謝や個々の努力だけでは商店街が時代のニーズの変化に対応する事は出来ないとの考えで、私達はこの開発を始めました。

    町には町の役割があります、人口103万の小さな香川県の小さな県庁所在地でしかない高松ではあっても、私達はこの地域では唯一の都市と呼べる存在であります。

    郊外には郊外の快適さがあるでしょうが、都心には都心の快適さがあります。私達は、高松は地方の小都市としては非常にうまくコンパクトにまとまった、良い都市であると考えており、ちょっとした手直しで、この町を楽しくて快適な町に作りかえる事が出来ると考えております。

    私達は地域の農家や漁師さんや市民と我々地元商業者が主役となれる街づくりを目指しております。貴方は誉めておられますが、県外からやってきた大手企業だけが主役になる夢タウンような開発では、地域にとって意味がありません。だからこそ私達は、大手ゼネコンやデベロッパーや流通大手に計画を任せて、保留床を買い取って頂く従来型の一見安全そうに見える再開発手法を取らなかったのです。

    勿論、組合員自身に大きな負担が掛かっておりますし、計画作成や合意形成にも時間が掛かります。何より保留床を大手企業に売却せず、地権者自身が出資する街づくり会社(第三セクターではありますが市の出資は微々たるものです。)自身が所有して、運営すると言うスキームが行政からも地権者からも理解を得にくく苦労いたしましたし、これからもこの部分では苦労すると思っております。(実現の目処が立って、時期がくれば優秀なマネージャーや社長が必要となります。その節には是非ご紹介下さい。)

    大手企業や自治体への保留床の売却が無い為、資金の調達には当該地区の、地権者全員の土地建物のすべてが担保として提供されます。地権者が受け取る地代にしても、一応固定地代の予定ではありますが、不足した時に補填してくれるデベロッパーがいないのですから、これも完全に保証されている訳ではありません。振興組合のサポートは資金的にも事業計画までで限界でしたので、昨年12月からは外部コンサルタント会社のサポートを受けておりますが、これも竣工までの一般業務代行であり、立て替えて頂く費用は利息も含めて地権者が負担致します。

    勿論、補助金は頂きますが、再開発事業自体に対するものであり、市民広場や公園やイベントホールや駐車場、駐輪場、ごみ処理施設等々の公共性の高いものが対象であり、農業補助金のように個々の救済に対して投入されるようなものではありません。昔から私達小さな商売人には政治力や団結力が無い為に、農家や漁師さんや大企業と違って、税金は払い続けるだけで、殆ど払い戻しを受けておりません。私達の開発の中には、本来なら行政自身が作らなければならないものや、行わなければならないものが沢山あります。

    今、私達は私達自身の手で機能不全に陥った都心を作り変えようと、自分達の全財産と自分達の未来を賭けて、開発計画を進めております。機能不全に陥った原因が行政だけにあるとは申しませんが、小さな蟻のような商売人達が良い街を作ろうと頑張っているのですから、行政からも多少は応援を頂いても罰は当たらないのではないですか?私達は、必ず高松市民の誇りとなるような街を作って見せます。

    最後に、私達のような地方の小さな商売人が大企業のSCの中で存続を許されるのは、彼等にとって邪魔にならない間だけです。小さな私達が自分の意志で生きて行ける場所は商店街しかないのです。だから私達は街を守ります。

    それとも、貴方は私達のような地元の小さな商店や商店街は消滅した方が、地域の為だと思っておられるのでしょうか?

    ダイエーやイズミやマイカルが高松や地域の将来を本当に心配すると思いますか?

    一握りの大手流通業だけが生き残って寡占化を果たした時、彼等は本当に消費者本位の企業であり続ける努力をすると思いますか?勿論、自分の売上や会社の存続には必死の努力をするでしょう、大企業は生き残る為には犯罪すら平気で起こします。雪印しかり、三菱しかり、三洋しかり、彼等にモラルはありましたか、政治的な不正利益誘導まで含めれば犯罪を犯していない大企業など、きっと世界中に一社もありません。住友銀行など、そのうちに日本の国まで売ってしまいますよ。

    貴方がアメリカで学んだ資本主義の中での勝ち残り理論は、本当に人類と地球にとって正義だと言えますか?

    私は共産主義者でも社会主義者でもありませんし、宗教家でもありませんが、一割の資本主義的有能者が九割の資本主義的無能者の上に君臨するような社会が良い社会であるとは決して思いません。

    私達は商店街を守り、100年後にも私達の子や孫や後輩や新しい仲間達がこの街で生き生きと商いを続ける事が出来る事を願って、そして地域には小さくても必要な店があることを信じて、仲間達とともに「蟻塚」を作る為の開発を進めて行きます。(商店街開発担当者より)

    「このコラムの見出しは以下の通りです(全文:約 6500 字)」

  • ◇「やる気の創出」が戦略上の最優先課題である
    ◇補助金を使うのはスジ違いだ

    ◇県外資本は県民にとって悪なのか?
    ◇論理と感情をごっちゃにしないこと

    …[ログインして続きを読む]