書籍

なんしょんな!!香川・PARTT
なんしょんな!!香川・PARTT
「行政の役割」水は誰のものか/人の渡らぬ橋、車の走らぬ道/広い家 他
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTU
なんしょんな!!香川・PARTU
「高齢者対策の処方箋」
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTV
なんしょんな!!香川・PARTV
「教育の危機」学校教育の危機/崩壊する家庭教育/的外れの企業内教育
1,200円+税
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
「Q&A」行政の役割/水問題/交通問題/時事
800円(税込み)
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
この本は、都村長生氏の政経塾「長生塾」とそのホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです
800円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
この本は、当ホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2003年5月〜2007年3月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2007年5月〜2008年12月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税

POST長生塾スタートのお知らせ

なんしょんな Q&A詳細

  • 【206】 高松市の「コンパクト・エコシティ」構想(2011年4月15日) (高松市 公務員)
     高松市が数年前から「コンパクト・エコシティを目指す」という計画を立て、その一環として昨年あたりから中心市街地に自転車道を造るなどの工事が始まっています。コンパクト・エコシティというのは、少子高齢社会の到来に対して中心市街地に都市機能をコンパクトに集中させて効率的な都市運営をしようということのようですが、その主な理由として「市街地が郊外に広がると行政サービスのコストが増えて効率が悪い」「市街地が郊外に広がると高齢社会が進んでいるので高齢者の交通の便が悪くなる」等が挙げられ、都市機能を中心市街地に集めればそれらの問題が解決する上、中心市街地も活性化する、さらに中心市街地を公共交通と自転車中心の街にすれば自動車が減って環境に優しい社会になる・・・というロジックのようです。
     しかし、高松市が郊外化していったのは、基本的に人のニーズがそうさせたのであって、それを都市計画で中心街に引き戻そうというのは、根本的に人のニーズに反した、何か根本的に間違った政策なのではないでしょうか? また、「中心市街地の活性化」と「中心市街地から車を減らし、高齢者が住みやすい街にする」というのは相反する政策だとも思うのですが。いずれにしろ、こういう計画は何となく行政と中央商店街とその関係者が組んで勝手なことをやっているように思えてなりません。ぜひ都村さんのご意見をお聞かせください。

    「このコラムの見出しは以下の通りです(全文:約 7800 字)」

  • ◇私たちは「行政サービス」で豊かになるのではない
    ◇コンパクトシティは高齢社会に便利な街なのか?
    ◇公共交通中心の都市計画はマーケットのニーズに逆行している
    ◇コンパクトシティ化などで中心市街地は活性化しない
    ◇役人と「有識者」が組むと、ろくなことがない

    …[ログインして続きを読む]