書籍

なんしょんな!!香川・PARTT
なんしょんな!!香川・PARTT
「行政の役割」水は誰のものか/人の渡らぬ橋、車の走らぬ道/広い家 他
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTU
なんしょんな!!香川・PARTU
「高齢者対策の処方箋」
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTV
なんしょんな!!香川・PARTV
「教育の危機」学校教育の危機/崩壊する家庭教育/的外れの企業内教育
1,200円+税
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
「Q&A」行政の役割/水問題/交通問題/時事
800円(税込み)
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
この本は、都村長生氏の政経塾「長生塾」とそのホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです
800円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
この本は、当ホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2003年5月〜2007年3月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2007年5月〜2008年12月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税

POST長生塾スタートのお知らせ

なんしょんな Q&A詳細

  • 【296】 日本の大学行政はどうあるべきか(2013年8月20日) (大阪府 私立大学職員)
     行政は大学運営にどこまで関わるべきか? について質問します。今、日本の大学は国公立が約160校、私立が約600校くらいありますが、その全ての大学や学部学科等の新設についての許認可権は文部科学省が握っています。また、国公立大学はその運営費の大半が行政からの補助金や交付金であり、私立大学もほぼ全てが行政からの補助金(総収入の10〜20%前後だと思いますが)をもらっていて、お金の部分も全て、文部科学省が何らかのヒモを握っています。しかし、こういう構造が、果たして日本の大学行政のあるべき姿なのでしょうか?
     例えば、文科省が大学統治から手を引いて全ての大学を自由競争させれば、よく言われる「大学の粗製乱造」があっても市場がちゃんと淘汰してくれて、健全な競争の元で大学の質の向上が期待できると思いますので、基本的にはそちらの方向が正しいのではないかと思います。しかし、その時に「全ての大学の授業料が私立並みに高くなる」「国の補助金で行われている研究開発に支障が出てくる」等の問題が出て来ます。それらを解決するために、奨学金制度や研究開発に関する補助金だけ行政が担当すればよいのか? あるいはそれらも民間大学の自己責任でやるべきなのか? 世界の先進国でも公立大学と私立大学が混在していて、すべてが私立で自由競争でやっている国はおそらくありません。都村さんのお考えをお聞かせいただければ幸いです。

    「このコラムの見出しは以下の通りです(全文:約 11900 字)」

  • ◇国立大学と私立大学の区分にはほとんど意味がない
    ◇大学の運営に対する補助金はやめるべきだ
    ◇「大学」ではなく「研究」に補助金を出すべきだ
    ◇研究テーマ選別にビジネスのノウハウを
    ◇民間にできない研究に投資をするのが国の役割だ
    ◇大学間に健全な競争を起こせば、大学数は今の5分の1以下になるだろう
    ◇研究補助金だけにすれば、大学の経営も大きく改善されるはずだ
    ◇まず、全ての教授に50歳定年制を
    ◇無意味な大学生活を送っても仕方がない

    …[ログインして続きを読む]