書籍

なんしょんな!!香川・PARTT
なんしょんな!!香川・PARTT
「行政の役割」水は誰のものか/人の渡らぬ橋、車の走らぬ道/広い家 他
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTU
なんしょんな!!香川・PARTU
「高齢者対策の処方箋」
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTV
なんしょんな!!香川・PARTV
「教育の危機」学校教育の危機/崩壊する家庭教育/的外れの企業内教育
1,200円+税
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
「Q&A」行政の役割/水問題/交通問題/時事
800円(税込み)
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
この本は、都村長生氏の政経塾「長生塾」とそのホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです
800円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
この本は、当ホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2003年5月〜2007年3月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2007年5月〜2008年12月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税

POST長生塾スタートのお知らせ

なんしょんな Q&A詳細

  • 【352】 政治を変えるために公務員にできること(2014年11月20日) (藤田 康)
    地方都市の自治体に30年勤務し、退職まで残された期間の身の処し方について、ご助言をいただければと思い、投稿いたしました。「それは自身が決めるだけのことです」と一蹴されそうですが、最近立て続けに起きた「都議会議員のセクハラヤジ」「兵庫県議会議員の号泣会見」「美濃加茂市長の逮捕」などのあまりの体たらくさにほとほと嫌気が差すとともに、愛想も小想も尽き果てています。マスコミ報道の姿勢や手法にも問題はありますが、そんなことよりも国民の負託に応えるべき首長、議会議員さらには行政職員のレベルが坂を転げ落ちるように下がり続け、歯止めがきかなくなってしまっているのが実状のようです。もちろん、今の状態は選挙で首長や議会議員を選んだ国民のレベルを反映した結果であり、正常な状態に戻るためには、国民が痛い目を見て目を覚ますために、長い期間をかけて複数回の政権交代を繰り返すしかない、というのが都村さんの持論であると認識しています。それはそれで正しい考え方であると私自身も納得はしているのですが、今の年齢でそれを見届けることができない以上、現在自分が置かれた立場で何ができるかということに腐心しながら、できるだけ自ら考え、最適解を見い出そうとしても、如何せん問題解決能力が低いことからいつも堂々巡りの議論に終始し、結果的には何も状況を変えるに至っていません。自分自身の立場を含め、利害当事者である首長(行政)・議会議員・国民の力関係を見てみると、国民は議会議員に強い、議会議員は首長(行政)に強い、首長(行政)は国民に強いというトライアングル関係だったものが、今では国民は議会議員にも首長(行政)に強い、議会議員は首長(行政)に強い、首長(行政)はサンドバッグ状態で、言われるがままという構図になっています。自分で考え、自分で答えを出すトレーニングを積んだ人間を県議会議員に送り出し、県議会を変えることが最善の道であるとの立場で懸命に取り組んでこられた都村さんの現在の方法論・考え方に変化はないか、また、行政の立場に身を置いた上で、現状を打開するための手立てとして、周囲に相手にされず、天に唾するように正論を吐き続けること以外にやるべきことがあるとすればどのようなことが考えられるか、の2点について都村さんのお考えをお聞かせください。

    「このコラムの見出しは以下の通りです(全文:約 9100 字)」

  • ◇選挙民のレベル以上の政治家は出て来ない
    ◇「正論を吐く」以前に「考える力をつける」ことが先決だ
    ◇民主主義の成熟に王道はない
    ◇近道をとると副作用の反動の方が大きい
    ◇議会で過半数を獲れなければ行政は大混乱に陥る
    ◇仕事をしない首長は真っ当な住民から叩かれる、ちゃんと仕事をするとバカな「民意様」から叩かれる

    …[ログインして続きを読む]