書籍

なんしょんな!!香川・PARTT
なんしょんな!!香川・PARTT
「行政の役割」水は誰のものか/人の渡らぬ橋、車の走らぬ道/広い家 他
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTU
なんしょんな!!香川・PARTU
「高齢者対策の処方箋」
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTV
なんしょんな!!香川・PARTV
「教育の危機」学校教育の危機/崩壊する家庭教育/的外れの企業内教育
1,200円+税
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
「Q&A」行政の役割/水問題/交通問題/時事
800円(税込み)
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
この本は、都村長生氏の政経塾「長生塾」とそのホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです
800円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
この本は、当ホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2003年5月〜2007年3月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2007年5月〜2008年12月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税

POST長生塾スタートのお知らせ

なんしょんな Q&A詳細

  • 【392】 禁煙ブームを考える(2015年12月1日) (高松市 喫煙者)
    都村さんは昨今の急激な禁煙、嫌煙ブームについて、どのような感想をお持ちでしょうか。私の記憶では、1980年代まではたいていの場所でタバコが吸え、会社等の会議の席でも机の上にたいてい灰皿が並んでいたのですが、1990年代になって一部の「嫌煙権」論者の問題提起がきっかけとなって一気に嫌煙権運動が全国に広まり始めました。それ以降、役所を初めとする公共施設はほぼ全館禁煙、駅や空港も数カ所の喫煙スペース以外は禁煙、民間施設もどんどん禁煙化が広がり、喫煙できる喫茶や飲食店も激減。また、歩行喫煙やポイ捨ての禁止条例を作る自治体も増え、中には「路上喫煙」自体を禁止する自治体もあって、今や携帯灰皿を持っていても喫煙できない場所だらけとなりました。しかも、テレビや映画からも喫煙シーンがほとんど“自粛”で消えてしまうなど、今や世の中で「喫煙者=迷惑な人」というレッテルがすっかり定着してしまっているように思えます。ちなみに、嫌煙推進の最大の根拠は「流動喫煙による健康被害」だとされていますが、これも何か大げさに煽られているような気がして仕方がありません。もちろん、タバコの煙が嫌な人には迷惑だろうと思いますから喫煙マナーは守るべきでしょうが、昨今の各種規制はさすがにちょっと行き過ぎの感があると思うのですが。

    「このコラムの見出しは以下の通りです(全文:約 5200 字)」

  • ◇嗜好品の摂取は基本的に法律で制限すべきではない
    ◇健康被害に対する「統計的有意差」云々は数字のマジックだ
    ◇「不快感」は自分で避ければよい
    ◇吸い殻のポイ捨て被害は因果関係がはっきりしている
    ◇民間施設内の禁煙化は単純にビジネスの話だ

    …[ログインして続きを読む]