書籍

なんしょんな!!香川・PARTT
なんしょんな!!香川・PARTT
「行政の役割」水は誰のものか/人の渡らぬ橋、車の走らぬ道/広い家 他
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTU
なんしょんな!!香川・PARTU
「高齢者対策の処方箋」
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTV
なんしょんな!!香川・PARTV
「教育の危機」学校教育の危機/崩壊する家庭教育/的外れの企業内教育
1,200円+税
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
「Q&A」行政の役割/水問題/交通問題/時事
800円(税込み)
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
この本は、都村長生氏の政経塾「長生塾」とそのホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです
800円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
この本は、当ホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2003年5月〜2007年3月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2007年5月〜2008年12月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税

POST長生塾スタートのお知らせ

なんしょんな Q&A詳細

  • 【421】 調剤薬局の存在理由(2016年9月20日) (匿名希望)
    調剤薬局に行くたびに立腹しています(笑)。実質的に(医師が診断し処方した)薬剤の箱を開けて数量を数えて袋に入れるだけなのに、あのマージンは取り過ぎではないかと思います。安全性の確保、つまり、医師による薬剤の誤処方や他剤との飲み合わせを専門家としてチェックしたり、服薬状況を管理する重要な役割があるという反論もありますが、ビッグデータの時代に、わざわざヒトが行う理由はあるのでしょうか。しかも、そのヒトに6年もの修業(6年制薬学部)を求めるのはオーバースペックではないのでしょうか。医療費を削減すべき方向性に明らかに反していると思うのですが、都村さんのお考えをお聞かせ願えますでしょうか。

    「このコラムの見出しは以下の通りです(全文:約 11500 字)」

  • ◇「処方箋通りに薬を揃えて出す」ことなどは、注意力があれば誰にでもできる
    ◇ユーザーへの「服薬指導」も、医者の説明と薬の注意書きを見れば済むことだ
    ◇薬剤師の付加価値は「薬の調合」と「医者への専門的情報提供」だ
    ◇「調剤薬局」は薬剤師の仕事作りに過ぎない
    ◇「薬剤師がいなければ売れない薬」の分類も薬剤師の利権確保の手段だ
    ◇薬はユーザーが自己責任で飲むものだ
    ◇「あるべき姿」に戻せば、付加価値に応じた報酬が実現し、ユーザーの選択肢が増え、コストダウンも実現する
    ◇ユーザーが声を挙げ、利権のために歪んでいくシステムを阻止しなければならない

    …[ログインして続きを読む]