書籍

なんしょんな!!香川・PARTT
なんしょんな!!香川・PARTT
「行政の役割」水は誰のものか/人の渡らぬ橋、車の走らぬ道/広い家 他
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTU
なんしょんな!!香川・PARTU
「高齢者対策の処方箋」
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTV
なんしょんな!!香川・PARTV
「教育の危機」学校教育の危機/崩壊する家庭教育/的外れの企業内教育
1,200円+税
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
「Q&A」行政の役割/水問題/交通問題/時事
800円(税込み)
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
この本は、都村長生氏の政経塾「長生塾」とそのホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです
800円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
この本は、当ホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2003年5月〜2007年3月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2007年5月〜2008年12月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税

POST長生塾スタートのお知らせ

なんしょんな Q&A詳細

  • 【137】 外国での商標登録問題について(2008年11月) (高松市・讃岐うどんファン)
    台湾や中国で現地の企業が日本の都道府県名や特産品を商標登録するということが相次いでいます。ジェトロの調べでは中国ではすでに日本の36都道府県名、台湾でも29都道府県名が現地の企業や個人によって登録または登録出願されていて、「松坂牛」や「鳴門金時」といった特産品も出願されているそうです。香川県関連でも「さぬき」と「香川」が現地企業によって登録され、台湾で「讃岐うどん」の看板を掲げたうどん店が看板から表示を外すことになり、その店は今裁判を起こしています。こういう動きについて、都村さんはどう対処すべきだと考えますか?

    〜 この質問の回答は約「600」文字です 〜

  •  たぶん、外国での商標登録について地方行政がどう対応すべきかという質問だと思います。結論から言うと、商標登録はビジネスの話ですから、行政が「どう対処すべきか」と言われても、それは「当事者がビジネスのルールに従ってやってくれ」としか言いようがありません。先に登録されていれば当然先に登録した者に権利があるわけですし、それに対して不満があれば異議申し立てをして公的に判断を仰げばいい。例えば台湾の知的財産局が「香川」や「さぬき」や「讃岐うどん」という言葉の登録を認めたのであれば、それに不満があれば当局に異議申し立てをすればいい。それだけの話です。また、裁判や異議申し立てをするのはビジネスとして利害関係
    …[ログインして続きを読む]