書籍

なんしょんな!!香川・PARTT
なんしょんな!!香川・PARTT
「行政の役割」水は誰のものか/人の渡らぬ橋、車の走らぬ道/広い家 他
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTU
なんしょんな!!香川・PARTU
「高齢者対策の処方箋」
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTV
なんしょんな!!香川・PARTV
「教育の危機」学校教育の危機/崩壊する家庭教育/的外れの企業内教育
1,200円+税
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
「Q&A」行政の役割/水問題/交通問題/時事
800円(税込み)
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
この本は、都村長生氏の政経塾「長生塾」とそのホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです
800円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
この本は、当ホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2003年5月〜2007年3月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2007年5月〜2008年12月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税

POST長生塾スタートのお知らせ

なんしょんな Q&A詳細

  • 【268】 コンテンツビジネスの可能性(2012年12月1日) (山本和成)
    私は、親から引き継いだ売上10億程の地場企業を経営しています。商売の中身は、建設資材の製造です。ピーク時から比べて、売上は半分以下になりましたが、スリム化により、なんとか利益は出せる状況です。加えて数年前に新規事業として、情報伝達の分野で、日本全国の医療機関に特化し、コンテンツの作成から放映までを一貫して請け負うサービスの会社を起業し、現在1000件の医療機関と契約するに至りました。現在の売上は約5億で利益も少しずつ出るようになってきました。都村先生のご意見を教えていただきたいのは、この新規事業の今後の展開を考えた時、日本の企業が進むべき道です。
     1つは、医療機関に特化しているこのサービスを他の業界にも導入すべくプロモーションする。ただしこれは、コンテンツの材料入手を含め一からの苦労がある。
     2つは、医療業界に情報伝達の分野で新しいサービスを投入する。
     3つは、このサービスを海外展開する。
     日本の産業が、国際的な優位性を失っていけば日本の経済も、日本自身もいずれ衰退してしまうのではないかという意見が多くあります。そうであれば、国際市場の中で、優位性を保つことのできる産業を担っていくという気概で事業の成長を目指すべきでしょうか。それとも、日本国内の市場だけを相手にしていても、常に新しい価値を提供する仕組みを備えておれば、国際展開とか国際市場は、考えなくても良いのでしょうか。ご教授のほどよろしくお願いします。

    「このコラムの見出しは以下の通りです(全文:約 3500 字)」

  • ◇ビジネスの「展開」を考える段階ではない
    ◇付加価値の高い商品を作ることに全力を投入すべきだ

    …[ログインして続きを読む]