書籍

なんしょんな!!香川・PARTT
なんしょんな!!香川・PARTT
「行政の役割」水は誰のものか/人の渡らぬ橋、車の走らぬ道/広い家 他
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTU
なんしょんな!!香川・PARTU
「高齢者対策の処方箋」
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTV
なんしょんな!!香川・PARTV
「教育の危機」学校教育の危機/崩壊する家庭教育/的外れの企業内教育
1,200円+税
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
「Q&A」行政の役割/水問題/交通問題/時事
800円(税込み)
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
この本は、都村長生氏の政経塾「長生塾」とそのホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです
800円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
この本は、当ホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2003年5月〜2007年3月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2007年5月〜2008年12月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税

POST長生塾スタートのお知らせ

なんしょんな Q&A詳細

  • 【272】 地方行政の批評メディア(2013年1月10日) (高松市 愛県者)
    「行政に対する批評メディア」について、思うところがありますので質問します。「国の行政」に対する批評メディアとしては、まず、大新聞やテレビが毎日のように批評を繰り返し、さらに週刊誌や月刊誌等の雑誌が突っ込んだ取材をして批評をし、ネットの中でも議論が飛び交い、識者(評論家や学者)をはじめタレントまでがああでもない、こうでもない、と意見を戦わせています。ところが、「地方の行政」に対しては、まず地方の新聞やテレビは記者クラブ配信の記事がほとんどで「批評」に値する記事はほとんどなく、行政批評メディアとしての週刊誌や月刊誌は存在すらせず、地元の識者は当たり障りのないことしか言わず、ネットでもほとんどデータさえない感情論がちらほら見えるだけです。つまり、地方行政は全く批評に晒されてない、そのため、旧態依然とした成り行き任せの行政が何十年も続いて改革も何も起こらず、問題意識さえ欠落してしまったのではないかと思うのです。地方のメディアや識者は、「街が狭い」ので批判しにくいのだろうと思いますが、そんな状態が続いていいはずがありません。この「地方行政に対する批評メディアの欠如」について、都村さんはどういうふうにお感じになりますか?

    「このコラムの見出しは以下の通りです(全文:約 3700 字)」

  • ◇きちんとした批評メディアは国にも地方にもない
    ◇地域を豊かにするには競争原理の導入が一番。批評メディアはサブツールに過ぎない
    ◇メディアのレベルアップも競争原理の導入が鍵となる

    …[ログインして続きを読む]