書籍

なんしょんな!!香川・PARTT
なんしょんな!!香川・PARTT
「行政の役割」水は誰のものか/人の渡らぬ橋、車の走らぬ道/広い家 他
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTU
なんしょんな!!香川・PARTU
「高齢者対策の処方箋」
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTV
なんしょんな!!香川・PARTV
「教育の危機」学校教育の危機/崩壊する家庭教育/的外れの企業内教育
1,200円+税
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
「Q&A」行政の役割/水問題/交通問題/時事
800円(税込み)
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
この本は、都村長生氏の政経塾「長生塾」とそのホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです
800円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
この本は、当ホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2003年5月〜2007年3月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2007年5月〜2008年12月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税

POST長生塾スタートのお知らせ

なんしょんな Q&A詳細

  • 【377】 過疎化対策の愚(2015年7月1日) (琴平町 会社員)
    今年5月に、有識者で作る「日本創成会議」の分科会が「今のペースで地方から大都市への人口流出が続けば、20〜30代の女性が30年間で半分以下になる自治体が全国の過疎市町村を中心に896に上り、将来、自治体運営が難しくなって消滅する可能性がある」という試算を発表し、該当する市町村に「衝撃が走っている」と報道されました(ちなみに香川県では土庄町、小豆島町、直島町、東かがわ市、さぬき市、琴平町、綾川町、善通寺市、観音寺市が該当)。それに対し、香川県内の該当市町村からは、「子供の医療費負担の軽減、結婚を促す『縁結び事業』の推進(東かがわ市)、U・J・Iターンの推進や地域医療の充実などを検討している(小豆島町)」、「市町村の施策では限界がある。県や国が市町村への継続的な財政支援や、東京一極集中の是正等、抜本的な対策に取り組むべきだ」という内容のコメントが出ていたのですが、今回の話は「少子化による人口減」ではなく「人口の移動による地域の過疎化」の話だと思うので、どうも私には的外れのようでピンと来ません。そこで、私が疑問に思っている2点、(1)対策が的外れではないのか? 人口流出に対する最優先対策は「経済政策」ではないのか?(2)そもそも市町村の「過疎対策」などというものは市町村の自己責任(自由競争)であって、国や県が対策を打つべきものではないのではないか? について、都村さんのお考えをお聞かせください。

    「このコラムの見出しは以下の通りです(全文:約 8000 字)」

  • ◇経済が成長すればその結果、人は自然と集まってくる
    ◇過疎化の原因が特定できていないため、肝心要の施策が置き去りにされている
    ◇集めるべきは、パルチザンと金持ちだ
    ◇行政が口出しをするとビジネスは滅ぶ
    ◇国は過疎化している市町村に補助金を出さず、自助努力で競争させればよい
    ◇過疎市町村ができても、誰も困らない

    …[ログインして続きを読む]