書籍

なんしょんな!!香川・PARTT
なんしょんな!!香川・PARTT
「行政の役割」水は誰のものか/人の渡らぬ橋、車の走らぬ道/広い家 他
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTU
なんしょんな!!香川・PARTU
「高齢者対策の処方箋」
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTV
なんしょんな!!香川・PARTV
「教育の危機」学校教育の危機/崩壊する家庭教育/的外れの企業内教育
1,200円+税
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
「Q&A」行政の役割/水問題/交通問題/時事
800円(税込み)
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
この本は、都村長生氏の政経塾「長生塾」とそのホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです
800円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
この本は、当ホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2003年5月〜2007年3月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2007年5月〜2008年12月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税

POST長生塾スタートのお知らせ

なんしょんな Q&A詳細

  • 【391】 ビジネスの教育(2015年11月20日) (せっきー、高松市 ピーター)
     私なりに考えた『〜「大卒」を超える「高卒エリート」〜トヨタ、東芝、任天堂などの「高卒採用」の促進』という「教育」に対する一つの提案について、ご意見、欠点、改善ポイントなどを指摘いただけたらば幸いです。

    都村さんは何度か日本の大学について触れており、その中で改革は文科省の縛りなどがあって難しいというお話がありました。ならば、「大学を飛ばしてしまえ」と考えたのがきっかけです。ちなみに私自身が、中の上レベルの文系私大で“大学生らしく”4年間を過ごしたクチなので、その無意味さは身に染みて理解しています(苦笑)。今回の提案は「日本の大手企業が高卒の採用を推進していくのはどうか?」ということです。ただし、入社後すぐに働かせるのではなく、2〜3年程度、一流のビジネスコーチを招いてのトレーニングや徹底したビジネス英語教育など、「研修」と称して徹底的に実践向きな「教育」を行います。いわば企業主導で実質の「トヨタ大学」を作り、その業種の“エリート”を養成する機関を自前で持つわけです。これはあくまで企業の『研修』なので、諸々の規制も及ばないところだと思います。しかも企業で「研修」自体は現在も行っているはずなので、実施に対する障壁もそう高くはないと考えられます。企業にすれば「4年かけて“バカにする”場所」に行かせる前に、才能ある若者を“青田買い”してしまい、自前で育てるメリットは企業側にとって大きいと感じます。

    一方で、学生にしたら有名大学に行く主な目的の一つは「一流企業に入りやすくなる」ということだと思います。ならば、一流大学に進学する学力・才能のある者を「大学」を飛ばして、彼らの目標である“一流企業”に入れてしまうパスを企業側が用意すれば、互いに効率もよいと考えます。最初はなかなか人が集まらないと思うので「高卒初任給で年俸1000万」「大学に行きつつもOK」「優秀な者には留学の斡旋」などの“パフォーマンス”が必要になると思いますが、企業側が本腰を入れて数年続ければ、自立志向の強い優秀な学生の選択肢の一つとして定着するように思います。これは予想ですが、同じ学年の大卒新人が入社してくる4〜6年後にその能力差が話題になり(田中マー君とハンカチ王子的な状態が生まれる)、追従する企業なども出てくるように思います。

    この「一流企業の高卒採用」が10年程度をかけて、ドラフトにかかるレベルの野球選手が「高卒か」「進学か」で悩む位の存在になれば面白いと感じます。考えてみればプロ野球球団も高卒ルーキーのほとんどは「2、3年は1軍で使わない(練習をさせて給料を払う)」ことを前提に採用するわけで、一般企業でもその考えはあって当然な気もします(話は逸れますが、野球選手が「大卒」のステイタスが欲しいために進学を考えるというのが、日本の大学信仰の愚の象徴ですよね)。至らぬ考えだとは思いますが、ご意見を頂ければありがたく存じます。(せっきー)

    いつも拝見させていただいています。つい最近、ソフトバンクの後継者に元グーグルの副社長が決まったみたいですが、その孫さんの人選にマスコミが批判的です。数年前から後継社長の育成のために教育の場を自ら作ったのに、それをどう考えているのか? 参加した人の下がったモチベーショはどうなるのか? それに加えて、今まで苦楽を共にしてきた古参取締役を次々に解任し始めた等々・・・。どう考えても、6兆円の売上を拡大してゆくには教育の場に集めた人材では心もとなく、孫さんの眼鏡にかなったのがくだんの人物だっただけで、マスコミの論調に違和感を感じます。企業の後継者指名について都村さんのお考えを聞かせてください。(高松市 ピーター)

    「このコラムの見出しは以下の通りです(全文:約 7900 字)」

  • ◇ビジネス知識の習得は、人生の「モテキ」に集中的にやるのが最も効率がいい
    ◇私のビジネス知識欲は30代後半に「モテキ」が来た
    ◇高校を出たばかりの若者は、ビジネスに関する知識欲の「モテキ」だとは思えない
    ◇ビジネス教育は必ずしも「集合教育」というスタイルでなくともよい
    ◇社長育成教育はOJTしかない
    ◇孫氏は結局、OJTを積んだ社外の人材を選んだのだろう

    …[ログインして続きを読む]