書籍

なんしょんな!!香川・PARTT
なんしょんな!!香川・PARTT
「行政の役割」水は誰のものか/人の渡らぬ橋、車の走らぬ道/広い家 他
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTU
なんしょんな!!香川・PARTU
「高齢者対策の処方箋」
1,200円(税込み)
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・PARTV
なんしょんな!!香川・PARTV
「教育の危機」学校教育の危機/崩壊する家庭教育/的外れの企業内教育
1,200円+税
有料会員のみ閲覧できます
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
なんしょんな!!香川・Q&A BOOK
「Q&A」行政の役割/水問題/交通問題/時事
800円(税込み)
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKU
この本は、都村長生氏の政経塾「長生塾」とそのホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです
800円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKV
この本は、当ホームページに寄せられた質問に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKW
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2003年5月〜2007年3月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
なんしょんな!!香川・Q&A BOOKX
この本は、当ホームページに寄せられた質問(2007年5月〜2008年12月)に対し、都村氏が答えた内容をまとめたものです。
100円+税

POST長生塾スタートのお知らせ

なんしょんな Q&A詳細

  • 【435】 日本版CCRC(2017年2月1日) (匿名希望)
    首都圏に住む高齢者が加速度的に増え続け、医療や介護コストの負担が自治体財政を圧迫するため、何とか地方へ移住させたいと考える国や首都圏に属する都道府県と、人口減少に歯止めがかからず衰退の一途をたどり続けるため、少しでも人口を増やしたい地方との思惑を合致させるための政策として日本版CCRC(Continuing Care Retirement Community)構想が推し進められています。しかしながら、地方への移住後にますます高齢化に拍車がかかり、さらに地方の税金を食い潰すことが明白である高齢者層の移住が、地方の活性化に資するとは到底思えません。そこで、次の5点について、都村さんのお考えをお聞かせください。
    1 日本版CCRC導入の展開可能性についてどう思いますか?
    2 日本版CCRC導入におけるKFSは何だと思いますか?
    3 高齢者が、長年住み慣れた場所から地方へ移住する動機付けは何だと考えられますか?
    4 アクティブシニアと呼ばれる高齢者を活用した地域活性化策として、どんなことが考えられますか?
    5 地方に移住者専用施設を建てるのは、単に介護福祉施設を増やすことと同じであるため、多世代が共生できるコミュニティづくりのために欠かせない要素は何だと思いますか?

    「このコラムの見出しは以下の通りです(全文:約 6200 字)」

  • ◇高齢者を呼び込んで地域を活性化するなら、最優先ターゲットは「50代後半〜60代のお金持ち」だ
    ◇高齢者は歳をとればとるほど、自分の住んでいる所から離れたくなくなる
    ◇「お金持ちの高齢者を集めて地域を活性化させる」という戦略は成立する可能性が少しはある
    ◇日本版CCRC構想は、地域活性化のためのターゲットセグメントを完全に間違っている
    ◇「首都圏の高齢化問題の緩和対策」としても、日本版CCRC構想は全く的外れだ

    …[ログインして続きを読む]